鹿児島観光写真〕     

鹿児島観光(鹿児島市内・銅像関連)サブページタイトル

島津斉彬公(しまずなりあきらこう)の銅像

Statue of Shimazu Nariakira


(幕末きっての開明君主)

 

島津斉彬公(しまずなりあきらこう)の銅像の場所 

住所 鹿児島県鹿児島市照国町 照国神社
地図リンク マピオンマップ  GPS E=130.33.9 N=31.35.27

島津斉彬(しまづ なりあきら) 文化6年(1809年)〜安政5年(1858年)は、江戸時代後期から幕末の外様大名で、薩摩藩の第11代藩主(在任:嘉永4年(1851年) - 安政5年(1858年))。島津氏の第28代当主である。
第10代藩主・島津斉興の長男。母は因幡鳥取藩主・池田治道の娘・弥姫(周子)。
鹿児島県照国神社周辺の銅像巡りマップ 照国神社 島津斉彬の銅像 小松帯刀の銅像 西郷隆盛の銅像 島津忠義の銅像 島津久光の銅像

 
没後に贈正一位。神号は照国大明神照国神社の祭神となっている。
薩摩藩の富国強兵に成功した幕末の名君の一人で西郷隆盛ら幕末に活躍する人材も育てた。 図はこの周辺の著名銅像散策用マップです。PCでご覧の方は、ポイントをクリックするとそれぞれのページ移動します。
NHK大河ドラマ篤姫では高橋秀樹さんが島津斉彬公を演じてらっしゃいましたね。
島津斉彬公(しまずなりあきらこう)についての詳しくはWikipediaなどを参照願います。
Shimazu Nariakira(en.wikipedia.org)


[写真はクリックすると別ウインドウで拡大します。]

島津斉彬公(しまずなりあきらこう)の銅像 01 島津斉彬公(しまずなりあきらこう)の銅像 02
〔 島津斉彬公(しまずなりあきらこう)の銅像 〕



島津斉彬公(1809〜1858)薩摩藩28代藩主 

島津斉彬公は、文化6年(1809年)薩摩藩士の27代島津斉興公の嫡男として誕生なさいました。
母は鳥取藩主池田治道の娘賢章院です。

海外の文化に強い関心を示された曽祖父島津重豪公に可愛がられ育てられたため、斉彬公も海外の情報・文化に精通されるようになりました。
そしてアヘン戦争(1840〜1842)で、アジアの大国・清国がイギリスに敗れたことから西欧諸国の植民地政策を恐れ、斉彬公は、日本がひとつにまとまり、強く豊かな国づくりを目指すべきだとお考えになりました。
そして嘉永4年(1851)藩主になられると、鹿児島の礎に「集成館」という工場群を築き、ここを中心に、造船、製鉄、紡績、電信、ガラスなどの洋々な事業に取り組まれました。
また、人材育成のため教育などにも力を注がれ、西郷隆盛や大久保利通など有能な人材も育て上げました。
斉彬公は安静5年(1858)、世を去られましたが、日本を強く豊かな国に生まれ変わらせるという夢は、弟の島津久光公やその長男忠義公、さらに西郷隆盛や大久保利通らの家臣の手で実現されました。

この島津斉彬の銅像と、隣接の探勝園内にある島津久光公島津忠義公の銅像は、大正6年(1917)彫刻家の朝倉文夫(1883〜1964)によって作成されたものです。(現地案内板より)


 

 

霧島温泉で創業100年の老舗旅館 清姫温泉
霧島温泉で老舗旅館  清姫温泉
 
じゃらん 鹿児島のホテル・旅館
楽天トラベル 鹿児島旅行

 





【 島津斉彬公(しまずなりあきらこう)の銅像の写真 鹿児島観光 】



鹿児島市内銅像関連ページ

島津斉彬 島津久光 島津忠義 西郷隆盛 小松帯刀 大久保利光




Photo Kagoshima-鹿児島観光写真について
このサイトは、開設者(MORIMORI)が 鹿児島県の観光、鹿児島県の名所等々・・を写真で紹介するサイトで、同じ南九州の宮崎県の観光スポット等を紹介する「PhotoMiyazaki-宮崎観光写真」のペアサイトとなるものです。鹿児島県のコンテンツは、ページもあまりありませんが、順次増やしてゆく予定です。
 
- 2009-2015 −
サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール もしくはGuestBookで。

カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。掲載された当方撮影写真の使用に関しては → こちらを参照願います。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Photo Kagoshima / Copyright ©2009-2015 MORIMORI All Rights Reserved.

-Photo Kagoshima-

Back to Top