PhotoKagoshima鹿児島観光写真へ戻る     


弥五郎どん祭り 曽於市大隅

(鹿児島県無形文化財指定)

例年11月3日開催、約900年の伝統を持つ祭りです。

弥五郎どん祭り (昭和63年 鹿児島県無形民俗文化財指定)


弥五郎どん祭りの伝わる 鹿児島県曽於市大隅、岩川八幡神社の場所 
住所 鹿児島県曽於市大隅町岩川
地図リンク マピオンマップ(岩川八幡神社の場所) GPS E=130.59.21 N=31.35.28
宮崎自動車道都城IC.から約20分。JR日豊線都城駅からバスで約40分

弥五郎どん祭り 浜下り 神社鳥居にて 弥五郎どん祭りの由来

 大隈路に秋も深まる11月3日、この日は900年の伝統を持つ県下三大祭りの一つ「弥五郎どん祭り」が行われる。
この日の弥五郎どんは身の丈約5mの巨体に27反の梅染めの衣をまとい、4m24cmと2m85cmの大小の刀を腰に帯び、手に5m40cmの鉾を持ったその姿は勇壮そのものである。
夜中に響き渡る弥五郎どんふれ太鼓とともに弥五郎どん起こしが始まり、早朝6時頃岩川八幡神社の境内にその雄姿を現す。弥五郎どん起こしに参加すると一年無病息災と言われ、たくさんの人が参加する。そして、祭りのハイライトである「浜下り」へと、威風堂々と四方を圧し、街中を練り歩く姿は、無く子も止むといわれている。
 元来門前の馬場集落が祭りをい仕切ってきていたが、昭和41年から商工会青年部が中心の町全体の祭りとなり、県下三大祭りにふさわしいものとなった。

弥五郎どんの由来

弥五郎どん祭りは、非業の死を遂げた隼人の霊を鎮めるために行った放生会(ほうじょうえ)という祭礼と農村祭りのホゼ(農年祭)が結びついたのではと言われております。
弥五郎どんの浜下り祭事は「王の神幸」の行事と思われるが、弥五郎どんを先頭に行列が続きます。
おこの神幸が八幡神社の放生会(ほうじょうえ)とつながり、また時代と共に次第に偶像化し、巨人崇拝ともつながって大きな威巌のある弥五郎どんとなり、隼人の首領とも言われています。
別説には弥五郎どんは、6代の天皇に仕えたという伝説上の人物である武内宿禰(たけうちのすくね)とも言われています。
(西暦720年大隅隼人の反乱は1年を越える戦いで、隼人がおびただしい戦死者を出して大和朝廷に平定された。武内宿禰はその朝廷側の人物である)
弥五郎どんは、今では五穀豊穣の祈願や人々を守ってくれる守護神として尊崇を集めています。(現地案内板)

平成21年度(2009年)の弥五郎どん祭りの催し等

弥五郎どん浜下りルート図 (概略図) 八幡神社

1:00(弥五郎どんふれ太鼓 製作)
青年らが「弥五郎どんが起きっどー」と街へふれ歩き、 神社拝殿で組み立てをはじめる。
4:00(弥五郎どんおこし) 
7:00(弥五郎どん完成)
10:30(弥五郎太鼓奉納) 
展示即売 甘酒、弥五郎Tシャツ 休憩所 弥五郎どんの昔の写真展示

浜下り、市中パレード

弥五郎どん浜下り 
13:00(八幡神社出発)〜
14:00(鹿交駐車場)〜
14:40(国の合庁前)〜
15:45(八幡神社)
市中パレード 
11:00(鹿交駐車場出発)〜12:30(岩川小学校)

奉納武道大会 他

剣道 柔道 空手 相撲 弓道 少女バレーボール大会 のど自慢 プロ演芸 歌謡ショーなど。

宿泊・ 桜島近辺の鹿児島のホテル・旅館 

「じゃらん」で空室確認・予約→ 桜島近辺鹿児島のホテル・旅館



[写真をクリックすると別ウインドウで1024pix幅の大きな画像に拡大します]

弥五郎奉納太鼓

弥五郎どん祭り 曽於市大隅町弥五郎どん祭り 曽於市大隅町

弥五郎どん 浜下り

やはり弥五郎どんが神社から下り、鳥居をくぐるこのシーンは定番中の定番、お約束?
おさえておきたい部分ですが、周辺は都心の通勤ラッシュ並の混雑であります。
弥五郎どん祭り 曽於市大隅町弥五郎どん祭り 曽於市大隅町
高架下は高さが足りない為、傾け通ります。通称イナヴァウワー状態?は最近の祭りの見所でもあります。
弥五郎どん祭り 曽於市大隅町 20弥五郎どん祭り 曽於市大隅町 22





折り返し後の光景
弥五郎どん祭り 曽於市大隅町 25弥五郎どん祭り 曽於市大隅町 27
弥五郎どん祭り 曽於市大隅町 30弥五郎どん祭り 曽於市大隅町 31
弥五郎どんは最後に八幡神社の坂を一気に駆け上がります。このシーンも見どころです。
思ったより暗い上に、動きが激しい為、シャッタースピード不足、ブレ気味となりました。
弥五郎どん祭り 曽於市大隅町

弥五郎どんは 八幡神社へと無事、帰ったのでした。
また、来年!
さらに写真を掲載した写真メインのページもあります。
→ 弥五郎どん祭り(鹿児島県曽於市大隅)

道の駅おおすみ 弥五郎伝説の里

弥五郎まつり館 弥五郎どんの銅像の写真

────────────────────

弥五郎どんは3兄弟

耶五郎どん三兄弟

 的野八幡・弥五郎 (長男)

  長壱丈弍尺余=大人弥五郎
  後に竹内宿禰説も浮上。(的野神社神官定極帳簿)
  的野八幡神社は和銅3年(710年)創建

 岩川八幡・弥五郎 (次男)

  身の長け一丈六尺=大人弥五郎
  武内宿禰とも。(三国名勝図会)
  岩川八幡神社は万寿2年(1025年)創建

 田ノ上八幡・弥五郎 (三男)

  長一丈有半ノ偶人=長人弥五郎
  稲積弥五郎・武内宿禰とも。(日向地誌)
  田ノ上八幡神社は天永元年(1110年)創建

 長男〜三男は各神社の創建年より決まったものと思われます。

 ■宮崎県都城市山之口町の弥五郎どんページは下記です。ご覧ください。
 宮崎県山之口町の弥五郎どん 弥五郎どん祭り
 ■宮崎県日南市飫肥の弥五郎様のページは下記です。ご覧ください。
 田ノ上八幡神社の耶五郎様 祭り

[掲載した写真の肖像権、プライバシー権等について]

肖像権、プライバシー権等ありますので祭り見学者の方は、本人特定が出来ない程度にボカシ加工を行いました。
祭りに参加されてらっしゃる方は、問題ないかと当方で判断、お顔も写っております。
なるだけアップの写真の掲載はひかえてはおりますが、不都合等ございましたらメールで連絡いただければ対応します。



PR






弥五郎どん祭り 曽於市大隅の写真 鹿児島観光

鹿児島観光サイト Photo Kagoshima 鹿児島観光写真 / MORIMORI 
-


 

Photo Kagoshima-鹿児島観光写真について


このサイトは、開設者(MORIMORI)が 鹿児島県の観光、鹿児島県の名所等々・・を写真で紹介するサイトで、同じ南九州の宮崎県の観光スポット等を紹介する「PhotoMiyazaki-宮崎観光写真」のペアサイトとなるものです。
鹿児島県のコンテンツはまだスタートしたばかりで、ページもあまりありませんが、順次増やしてゆく予定です。 

リンクフリー 連絡不要・ブログからでもBBS(掲示板)からでも勝手にリンク大歓迎です。

写真の転載を禁じます。
掲載された写真の個人・商用等での使用要領についてはこちらのリンクをご覧ください。

http://kagosima.pmiyazaki.com

写真・ページ作成・開設者 / MORIMORI  作成者宛Webメール