鹿児島観光写真〕〔桜島観光写真〕     

桜島観光サブページタイトル

牛根大橋の位置 (アバウト)桜島観光 牛根大橋

牛根大橋の場所 地図 マピオンマップ GPS E=130.43.4 N=31.33.23

平成20年(2008年)3月20日に牛根大橋(全長381m)が開通しました。
これまで崖崩れの心配があり一定降雨で通行止め等の処置がとられておりましたが、牛根大橋の完成により、豪雨のときにも国道220号線が通行止めになることはなくなりました。

牛根大橋は、千葉県、広島県、和歌山県で分けて部品を造り、工場で一度仮組、確認後分解し、船で鹿児島まで運んできました。橋は鹿児島県の「七ツ島」で再度組み立てられ、橋の両脇側と中央部分の3つにわけて、国内最大のクレーン船「海翔」で現地へ運びました。
その大型クレーン船による海上輸送、設置の様子の写真を「かもめさん」より提供頂きましたのでご覧ください。
桜島、牛根大橋を国内最大クレーン船「海翔」が運搬 01桜島、牛根大橋を国内最大クレーン船「海翔」が運搬 02
 右記載ページに多くの写真を掲載しました。 → 桜島、牛根大橋を国内最大クレーン船「海翔」が運搬


宿泊・ 桜島近辺の鹿児島のホテル・旅館 


「じゃらん」で桜島、鹿児島市内の旅館・ホテルの空室確認・予約→ 桜島近辺鹿児島のホテル・旅館



[写真はクリックすると別ウインドウで拡大します。]

牛根大橋と桜島 01牛根大橋と桜島  02
牛根大橋と桜島  03牛根大橋と桜島 04


牛根大橋より見た桜島 05牛根大橋より見た桜島 06
牛根大橋より見た桜島 07牛根大橋より見た桜島 08


 桜島の本: みんなの桜島 桜島ic桜島の本: みんなの桜島 (桜島の話題がまるまる1冊にまとまった本)

単行本・A5判 184ページ 1260円  南方新社 1版 (2011/5/27)
福島 大輔 (著), 兒嶋 八重 (著), 大村 瑛 (著), NPO法人桜島ミュージアム (編集),
2010年、896回の噴火回数を記録した鹿児島県、桜島。その麓には5000人もの人が暮らします。
桜島が大噴火した時の様子や火山のメカニズム、災害対策、観光案内、まち歩き、文学、桜島ならではの暮らし…。世界中から観光客が集まる桜島。その魅力をまるごと一冊に収めた、初めての本です。
 amazonで購入 → みんなの桜島 (通常送料無料・くわしくはリンク先で)

桜島観光マップ  MORIMORIアバウト版


霧島温泉で創業100年の老舗旅館 清姫温泉
霧島温泉で老舗旅館  清姫温泉
 
じゃらん 鹿児島のホテル・旅館
楽天トラベル 鹿児島旅行

 


桜島(霧島錦江湾国立公園) SAKURAJIMA 桜島観光



【 桜島牛根大橋 】




桜島観光スポットの写真ページ一覧

桜島観光マップ(桜島全体・フェリーターミナルを中心とした桜島西部の観光地図) 
桜島の噴火の写真(展望所・展望場所検討比較に〜桜島の噴火の歴史等も記載)

道の駅たるみず牛根大橋黒神埋没鳥居桜島フェリーターミナル湯之平展望所桜島自然恐竜公園桜島海釣り公園桜島溶岩なぎさ公園足湯なぎさ遊歩道烏島展望所長渕剛モニュメント林芙美子記念碑有村展望所桜島レインボービーチ月読神社アコウ群(天然記念物)桜島の句碑桜州尋常小学校埋没跡の碑桜島ビジターセンター国民宿舎レインボー桜島 桜島マグマ温泉|付録:桜島の夕日|付録:桜島の壁紙






Photo Kagoshima-鹿児島観光写真について
このサイトは、開設者(MORIMORI)が 鹿児島県の観光、鹿児島県の名所等々・・を写真で紹介するサイトで、同じ南九州の宮崎県の観光スポット等を紹介する「PhotoMiyazaki-宮崎観光写真」のペアサイトとなるものです。鹿児島県のコンテンツは、ページもあまりありませんが、順次増やしてゆく予定です。
 
- 2012 −
サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール もしくはGuestBookで。

カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。掲載された当方撮影写真の使用に関しては → こちらを参照願います。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Photo Kagoshima / Copyright ©2009-2012 MORIMORI All Rights Reserved.

-Photo Kagoshima-

Back to Top