JR九州豪華寝台列車「ななつ星in九州」2013年に運行

▶ in 鹿児島全体 posted 2012.05.29 Tuesday / 14:10

JR九州は5月28日、九州周遊の旅を楽しむ豪華寝台列車「ななつ星in九州」の概要を発表。
2013年10月に運行を開始、料金は最高で55万円。利用客の半分はアジア各国の富裕層を想定しているとか。

JR九州のクルーズトレイン「ななつ星」コースは二種類


コース1
各地の温泉や自然を楽しみながら九州を一周する3泊4日(38万〜55万円)。
博多駅を出発後、大分・由布院を散策し、車内で1泊。太平洋沿いを宮崎方面に南下し、2泊目は鹿児島・霧島の温泉旅館などに宿泊する。

コース2
長崎、熊本県・阿蘇、大分などを巡る1泊2日(15万円〜22万円)。
博多駅を出発し、佐賀県を経由して長崎駅に向かう。長崎市内を観光、車内泊し、2日目に阿蘇や由布院などをめぐる。

九州一周コース2日目・3日目に鹿児島を観光

公式サイトのこのスケジュールを見ると。
鹿児島観光は、二日目で、
二日目、宮崎駅から隼人駅(13:30頃着)後、バスで旅館へ(泊)三日目に霧島地区散策・もしくは旅館滞在後、お昼頃にバスで出発、隼人駅〜鹿児島中央駅着 15:00頃 鹿児島市内観光(仙巌園など)22:00発〜 列車泊 阿蘇駅(6:00) という予定のようです。
鹿児島中央駅から熊本阿蘇までは、夜なので車窓からの景色は楽しめないようですね。
上記には、霧島神宮 桜島 天空の森、妙見石原荘、忘れの里雅叙苑などの名勝が記載されておりました。

豪華寝台「ななつ星」

豪華寝台「ななつ星」

九州7県にちなんで命名された列車は、約30億円をかけて新造、外装は「和」をイメージした「古代漆色」、車内は木をふんだんに使った豪華な仕様。ラウンジ車は線路方向が一面ガラス張りになっており、美しい風景も楽しめるという。
7両編成のうち5両の客車の定員は28人、スイート(12室)とデラックススイート(2室)を用意。残り2両はラウンジや食堂車。
JR九州の新幹線車両などを手掛けたデザイナーの水戸岡鋭治氏が担当。
来年8月頃に完成する見込みで、車両にかかる経費は約30億円を見込んでいる。
続きを読む>>

- | -

PAGE TOP